アメリカンニュースブログ
2010年02月17日

大人気のサイト「チャットルーレット」、作ったのはロシアの高校生 米紙


【2月16日 AFP】見知らぬ世界の人々とインターネットでチャットする大流行サイト「チャットルーレット(Chatroulette)」の創作者は、ロシアの高校生だったと、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が報じた。

「チャットルーレット」は無作為に選び出された世界各地のユーザーとウェブ画像を通じてチャットが楽しめるサイト。ニューヨーク・タイムズ紙によると、モスクワ(Moscow)に住むアンドレイ・テルノフスキー(Andrey Ternovskiy)くん(17)が作成した、最近になって爆発的にユーザーを増やしている今、最も熱いサイトだ。

 同紙が前週末、テルノフスキーくんにEメールで取材したところ、ユニオン・スクエア・ベンチャーズ(Union Square Ventures)などの創設者として有名なベンチャー投資家フレッド・ウィルソン(Fred Wilson)氏から接触があったことを明かした。ウィルソン氏も自身のブログで前週末、「アンドレイをニューヨークに招くつもりだ」と書いている。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、テルノフスキーくんが「チャットルーレット」を作ったのは面白半分で、友人同士でのチャットに飽きてしまったからだという。「自分や友達のために、知らない人たちともチャットできるちょっとしたサイトをつくろうと思った」

 サイトのプログラムは全て自分で書き、サーバー費用は親族が負担してくれているという。現在、最もユーザーが多いのは米国だ。

 テルノフスキーくんによると、「ある人はゲーム感覚、ある人は未知の世界と思っている。出会い系サイトとして利用するユーザーもいる」など、楽しみ方は人それぞれだという。「こんなシンプルな仕組みが、こんなに大勢の人の役にたつなんていかしてると思うよ」

 2009年11月に立ち上げられた「チャットルーレット」は現在、1晩で2万人のアクセスがあるとニューヨーク・タイムズ紙は報じている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 08:06 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月16日

エンデバーの宇宙飛行士ら、ISSで2回目の船外活動



国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「エンデバー(Endeavour)」の宇宙飛行士らによる2回目の船外活動が14日、行われた。写真は、国際宇宙ステーションから撮影したエンデバー(2010年2月9日撮影)。(c)AFP/NASA

タグ:エンデバー
posted by 栗にゅ〜す! at 06:34 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月12日

クリントン元米大統領、心臓手術受けるも「元気」



【2月12日 AFP】(一部更新)ビル・クリントン(Bill Clinton)元米大統領(63)が11日、胸の痛みを訴えて病院に搬送され、心臓手術を受けた。側近のダグラス・バンド(Douglas Band)氏が明らかにした。

 バンド氏がAFPに送った声明によると、クリントン元大統領は同日、胸に不快感をおぼえニューヨーク・プレスビテリアン病院(New York Presbyterian Hospital)に入院し、詰まった冠状動脈を広げるため、ステントと呼ばれるチューブ2個を血管内に埋め込む手術を受けた。クリントン氏は2004年、4か所の心臓バイパス手術を受けている。

 クリントン氏は元気で、今後も財団の仕事と大地震が発生したハイチの支援・復興活動に尽力していく意向だという。クリントン氏は5日、大地震に見舞われたハイチへの支援を進めるため、同地に2回目の訪問をしたばかりだった。
 
 一方、米国務省当局者によると、妻のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)米国務長官はホワイトハウス(White House)でバラク・オバマ(Barack Obama)大統領と会談した後、ニューヨークに向かったという。同長官は12日、中東訪問に出発する予定。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 12:01 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月11日

米大雪で連邦政府3日連続の休業、影響は北に拡大



【2月11日 AFP】米北東部は10日、再び大雪に見舞われ、首都ワシントンD.C.(Washington D.C.)の連邦政府が3日連続で休業となるなどまひ状態に陥った。大雪はニューヨーク(New York)やボストン(Boston)など、影響範囲を北に広げている。

 このところの降雪により、2009〜10年冬季のワシントンD.C.の降雪量は観測史上最大となり、近郊のボルティモア(Baltimore)では自動車の運転が禁じられるなど、危険な状態となっている。

 ニューヨーク(New York)では、マイケル・ブルームバーグ(Michael Bloomberg)市長が学校を「雪の日」で休校にするよう命じたほか、国連(UN)本部も閉鎖された。

 ペンシルベニア(Pennsylvania)州中部では1人が死亡、1人が負傷する玉突き事故が発生したが、大半の市民は当局の助言を守り、屋内に待機し車の運転は避けていた。

 ワシントンD.C.の空港からの航空便はすべて欠航となった。近郊のニュージャージー(New Jersey)、フィラデルフィア(Philadelphia)、ボルティモア、シカゴ(Chicago)からの便は欠航または遅延となった。

 米国立測候所(National Weather Service、NWS)の最新の速報によると、積雪量は50〜70センチで、ボルティモア北部および東部で最も深かったという。(c)AFP/Andrew Gully

posted by 栗にゅ〜す! at 14:56 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月10日

ボーイングの最新ジャンボジェット「747-8」型機が初飛行、米国



 米航空機大手ボーイング(Boeing)の最新ジャンボジェット「747-8」型機が8日、米ワシントン(Washington)州エバレット(Everett)のペインフィールド(Paine Field)空港から初飛行に飛び立った。

 同機は、ライバルの欧州航空機大手エアバス(Airbus)が製造する超大型旅客機A380に対抗すべくボーイングが開発・製造を進めていたもので、旅客機向けの「747-8 Intercontinental」型機も、現在、開発が進められている。

 写真は、ペインフィールド空港を離陸するボーイング「747-8」型機(2010年2月8日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Stephen Brashear

posted by 栗にゅ〜す! at 07:53 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。