アメリカンニュースブログ
2010年11月30日

ペイリン氏、失言報道に逆襲? オバマ大統領の失言を紹介



米保守派の旗手、サラ・ペイリン(Sarah Palin)元アラスカ(Alaska)州知事は、「同盟国の北朝鮮」と失言したことをメディアで非難されたことについて、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領の過去の失言を引き合いに出して、メディアは不公平だとやり返した。

 2012年の共和党米大統領候補ともうわさされるペイリン氏は、テレビ番組で「当然、米国は同盟国であるノースコリア(北朝鮮)を支持すべきだ」と失言したことが報道された。

 これに対し、ペイリン氏は「(メディアは)わたしのただの失言を政治面のトップ記事にしないと気が済まないようね」とフェースブック(Facebook)の本人のページで非難を繰り出した。

 さらに、オバマ大統領のこれまでの失言を収めたユーチューブ(YouTube)の動画へのリンクを掲載し、「米国全57州のみなさまへの感謝祭のメッセージ」と題して紹介した。

 オバマ氏は2008年5月9日、大統領選挙キャンペーン中にオレゴン(Oregon)州に立ち寄った際に、47州と発言すべきところを、「わたしはすでに57州に行った。残すはあと1州だね」と失言していた。また、09年5月26日には、米合衆国憲法が「20世紀以上前に起草された」と失言した。

 ペイリン氏は「これらの失言を聞いた覚えがないのだとしたら、それはメディアが報道価値が無いと思ったからでしょうね」と、メディアの姿勢を非難した。

 ペイリン氏の演説はいつも対立をあおり、時にとりとめのない話になるが、ペイリン氏は自らの人気の理由について保守的な価値観と型破りな政治手法を挙げている。だが、冗長で仰々しいワシントン流の語り口を軽視する姿勢から、一部の政治評論家は、ペイリン氏はホワイトハウスにはふさわしくないと考えている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 11:37 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月29日

米国務省が外交官にスパイ活動を指示、ウィキリークス暴露文書



内部告発ウェブサイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」が29日公開した米政府の外交電文で、米国務省が各国に駐在する外交官らに「スパイ活動」を指示していたことが明らかになった。入手するべき情報として、駐在国の要人のクレジットカード番号や飛行機のマイレージ登録番号なども指定されている。

 米国の情報活動は従来、米中央情報局(CIA)などの情報機関が担っている。しかし、公開された公電からは、国務省がアフリカ、中東、東欧、中南米など33か国の在外公館や国連(UN)本部などに駐在する外交官に、情報員としての仕事を割り振っていたことがうかがえる。

 例えば、英紙ガーディアン(Guardian)が入手し報じた2009年7月のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)国務長官名義の電文は、極秘使命として米外交官に対し、国連高官が公私の通信で使用するパスワードや暗号手段などを調べるよう指示していた。

 探り出すべき個人情報は、クレジットカード番号、Eメールアドレス、電話やファックス、携帯電話の番号、航空会社のマイレージ登録ナンバーまで多岐にわたる。極秘情報収集の対象には潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長も含まれ、「管理や意思決定スタイル」や「国連事務局における影響力」を調査するよう指示していた。

 また、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は、同じくクリントン長官の署名入りの電文で、ニューヨーク(New York)の国連安全保障理事会に勤務する米外交官らに、北朝鮮高官の経歴や生体認証情報を収集するよう指示が出されていたと報じた。(c)AFP/Lachlan Carmichael

posted by 栗にゅ〜す! at 16:43 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月27日

オバマ米大統領、唇12針ぬうけが バスケ試合中



バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が26日、バスケットボールの試合中に上唇を12針縫うけがをした。米ホワイトハウス(White House)が発表した。

 ロバート・ギブズ(Robert Gibbs)米大統領報道官は声明で「オバマ大統領は、友人や家族とのバスケットボール試合中に(シュートを放とうとした)対戦チーム選手のひじが唇にぶつかり、12 針を縫った」と述べた。治療の際には局所麻酔を受け、傷あとを目立たなくするために通常よりも細い糸を使ったため、縫合の回数が増えたという。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 13:35 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月25日

米ジェイ・クルーが投資ファンド2社に身売り



米アパレル小売大手「ジェイ・クルー(J.Crew)」は23日、総額約30億ドル(約2500億円)で投資ファンド2社に身売りすることで合意したと発表した。

 身売り先はTPGキャピタル(TPG Capital)とレナード・グリーン・パートナーズ(Leonard Green & Partners)。買収金額はジェイ・クルー株の過去1か月間の終値の平均に29%のプレミアムを上乗せした、1株当たり43.50ドル。

 ジェイ・クルーのミラード・ドレスクラー(Millard Drexler)CEOは買収について「ジェイ・クルーと、われわれ一人一人の懸命の努力が認められたもの」とコメントしている。

 ジェイ・クルーは、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領の2人の娘が、2009年1月の大統領就任式で同社の服を着ていたことでも知られる。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 16:31 | TrackBack(0) | かなしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月24日

気候変動で湖の水温も上昇、NASA



米航空宇宙局(NASA)は23日、世界各地の大きな湖の水温は、気候変動の影響を受けて過去25年間で上昇したとする研究結果を米地球物理学連合(American Geophysical Union)が発行する学会誌「地球物理学研究レター(Geophysical Research Letters)」に発表した。

 NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)に所属するフィリップ・シュナイダー(Philipp Schneider)氏とシモン・フック(Simon Hook)氏は、衛星データを用いて、世界167の湖の表面温度を測定した。湖は、地表温度の変化に影響を受けないよう、面積500平方キロ以上で水が豊富、海岸線からも十分離れていることとした。

 その結果、表面温度は10年あたり平均0.81度上昇しており、10年で1.8度上昇した湖もあった。地球温暖化に関連した気温の変化と整合していた。

■北欧で最も急激に上昇

 なお、表面温度が最も急激に上昇し続けていた地域は北欧だった。欧州南東部や黒海・カスピ海沿岸部、カザフスタンでその傾向はやや弱まり、シベリア東部、モンゴル、中国北部でやや強まった。

 湖の表面温度の上昇傾向は、米国では五大湖周辺よりも南西部の方がやや強く、南半球の赤道および中緯度付近では比較的弱かった。

 シュナイダー氏によると、気候変動が世界の陸地に与える影響を分析する上で、今回の研究は新たなデータソースを提供した。「水温のわずかな変動でも湖の生態系に悪影響を及ぼしかねないことを、結果は示唆している」と話している。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 14:21 | TrackBack(0) | かなしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。