アメリカンニュースブログ
2010年12月30日

「米国は中国に劣る意気地無しの国」、米知事アメフト延期に激怒



今週、大雪に見舞われた米国で、全米プロアメリカンフットボール・リーグ(NFL)の試合が延期されたことに激怒したペンシルベニア(Pennsylvania)州知事が「米国の弱体化の表れ。中国人ならば雪にひるむことなどないだろう」と発言した。

 ニューヨーク(New York)市など米東海岸は今週、大雪に見舞われたが、フィラデルフィアに降った雪は他地域よりも少なく、予想を下回る最高15センチほどの積雪だった。しかしNFLでは予報を重視し、26日にフィラデルフィア・イーグルス(Philadelphia Eagles)の本拠地で行われる予定だったミネソタ・バイキングス(Minnesota Vikings)とのホームゲームを延期した。

 これに憤怒したペンシルベニア州のエド・レンドル(Ed Rendell)知事は翌日、「わが国は意気地なしの国になり下がった。何から何まで中国に負けている。中国だったら、試合を中止なんてするだろうか?中国人ならスタジアムまでデモして、交通をまひさせてしまうことだろう」と、出演したスポーツ専門ラジオ局97.5ファナティック(97.5 The Fanatic、熱狂的ファンの意)で怒りをぶちまけた。

 さらにレンドル知事は、アメリカン・フットボールの公式戦は秋から冬にかけて行われるのだから、どんな天候にも備えて毎回開催できるようにしておくべきで、その前提があってこそ、ファンはスタジアムへ足を運ぶかどうかを「合理的に判断できるのだ」と批判した。

 怒りがおさまらない同知事は「あらゆる意味でフットボールというものに反する決定だ」と続け、グリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)の伝説的コーチ、ヴィンス・ロンバルディ(Vince Lombardi)も「墓の中でがくぜんとしているに違いない」と嘆いた。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 06:18 | TrackBack(0) | お怒りなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月29日

米北東部に猛吹雪もたらした大寒波、カナダに向かう



クリスマス明けの26日に米北東部に猛吹雪をもたらし、空陸の交通を大混乱に陥れた大寒波は、27日午後までに同地域を去り、一部では青空が広がっている。大寒波はカナダに向かっており、今後はカナダで大荒れの天候が予想される。

写真は、ニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square)をスキーで通行する男性(2010年12月27日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA

posted by 栗にゅ〜す! at 06:28 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月28日

米誌タイム「今年の報道カメラマン」、戦時下の日常とらえたAFP記者に



米誌タイム(Time)は22日、「今年の報道カメラマン(Wire Photographer of the Year)」にAFP通信のフォトジャーナリスト、マウリシオ・リマ(Mauricio Lima)氏を選出した。アフガニスタンで撮影した写真を高く評価した。

 リマ氏は、アフガニスタン南部ヘルマンド(Helmand)州の米海兵隊の従軍カメラマンとして4週間を過ごした後、単独でカブール(Kabul)に1か月滞在。戦争の中に暮らす民間人や兵士たちの日常を克明にポートレート写真に収めた。

 タイム誌のインタビューにリマ氏は、「アフガニスタンに行く前に、地元の事情や文化的な面についてたくさん勉強した。(アフガニスタンでの写真撮影は)多くの同僚カメラマンたちもやっていることで、特に目新しいものではない。ただ、わたしは異なったアプローチ方法を選んだだけだ」と、語った。

 リマ氏は、ブラジルのサンパウロ(Sao Paulo)を拠点に活動し、AFPカメラマンとして南米やイラク、中東一帯などを取材している。タイム誌は、その中でもアフガニスタンでのリマ氏の写真が人の心をとらえるものだったと評価した。

 リマ氏の写真は、タイム誌ウェブサイトの特設ページで見ることができる。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 06:15 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月26日

「パンチ・ミー・パンダ」、街の怒りを引き受けるアーティスト



パフォーマンス・アーティストのネイト・ヒル(Nate Hill)さん(33)は毎週、パンダの着ぐるみを着て街に出る。道行く人に殴られるためだ。

 ある日の午後。人通りの多いユニオンスクエア(Union Square)でヒルさんは「僕を殴れ!もっと強く!きょうも何かに怒ってるんだろ?」と通行人を挑発し、ボクサーのように飛び跳ねる。多くの人はこの光景に目を丸くし、何かの広告だと誤解する人もいる。誰かを殴るなんてとんでもないと言いたそうな人もいるが、ただ単に怒っていないだけかもしれない。

 そのうちにパンダを殴る人が出始めた。ある女性は上品なジャブを放った。ある若い男性はすばやいワン・ツーパンチをお見舞いした。男性数人のグループは仲間内で互いにはやしたてながら、決して反抗しないパンダにパンチやキックを見舞った。パンダを殴り終えて立ち去るときには、どの顔も輝いていた。

 胸の部分には防具とクッションが入っていて、殴られると痛みは感じるものの、けがをすることはない。着ぐるみを脱いだヒルさんは、めがねをかけた物静かな語り口の男性だ。普段は実験に使うミバエの世話をする仕事をしている。

「みんな何かに怒っていて、何かを殴りたいんです。私もそうだから分かります。少しでも楽になってほしいんです」とヒルさん。パンダの姿で大通りを巡回し、レイオフが近い会社を訪問する。これまでに7〜8回、ツイッターで寄せられたリクエストに応える形で、一般の家庭に行ったことさえある。黒いテディ・ベアや、包帯を巻いた透明人間のように全身白づくめの姿で同様のパフォーマンスをしていたこともある。

 パフォーマンスを終えてパンダの頭を脇に置いたヒルさんは、「街にある苦しみを減らしたいんです。自分の中の苦しみに向き合うアーティストはたくさんいますが、ぼくはなるべく自己中心的にならないようにしたいんです」と語った。

 このプロジェクト「パンチ・ミー・パンダ(Punch Me Panda)」はあと5か月続く予定だ。詳しくは下のサイトで知ることができる。(c)AFP/Sebastian Smith

posted by 栗にゅ〜す! at 17:55 | TrackBack(0) | かわいいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月23日

スカイプにサービス障害、世界中に影響



インターネット電話最大手のスカイプ(Skype)は22日、数時間にわたるシステムダウンが発生していると発表した。世界規模でユーザーに影響が出ている。

 ブログ上でスカイプは、「スーパーノード」と呼ばれるコンピューターが何らかの理由でオフラインになってしまい、特定のバージョンのスカイプを使用しているユーザーに影響を与えたと説明。「現在技術者らが新しい『メガ・スーパーノード』を作成中」だと発表した。サービス復旧には数時間かかるとみられ、「グループビデオ通話機能」などはさらに時間がかかる可能性があるという。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 17:08 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。