アメリカンニュースブログ
2011年01月20日

米、各国からオバマ大統領らへの贈り物を公表 鳩山前首相夫人からも



各国の元首などから米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領や政権関係者への贈り物の概要が、18日の米連邦官報(Federal Register)で明らかになった。

 これによるとオバマ大統領の任期1年目の2009年、サウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ(Abdullah bin Abdul-Aziz)国王は、大統領本人のほか家族や側近たちに総額30万ドル(約2470万円)近くの贈り物をした。

■サウジ国王からは30万ドル相当

 アブドラ国王からの贈り物は金額にして、オバマ大統領本人に3万4500ドル(約280万円)、ミシェル・オバマ(Michelle Obama)夫人に14万6200ドル(約1200万円)、夫妻の2人の娘、マリア(Malia)さんとサーシャ(Sasha)が合わせて7275ドル(約60万円)となっている。

 またサウジアラビアからホワイトハウス職員には、金額にして計10万8245ドル(約890万円)相当の贈り物があり、そのうち大統領付の上級通訳官に2万3400ドル(約190万円)、サウジの首都リヤド(Riyadh)駐在の米代理公使に1万2000ドル(約98万円)だった。

 アブドラ国王からオバマ大統領への贈り物は「広大な砂漠を表した緑色の縞大理石にゴールド製のヤシの木とラクダの像をあしらった」置物や、高級時計メーカー、ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)の置き時計などだった。

 ミシェル夫人には13万2000ドル(約1080万円)相当のルビーとダイヤモンドのジュエリーセットや1万4200ドル(約117万円)相当の真珠のネックレスなどが、2人の娘には本やDVD、さらに計数千ドル(数十万円)相当のアクセサリーがアブドラ国王から贈られていた。

■鳩山前首相夫人からも

 アブドラ国王の贈り物に次いで高価だったのは、ガーナの大統領夫人がミシェル夫人へ贈った高級腕時計ブランド、バックス&ストラウス(Backes and Strauss)のゴールドとダイヤモンドをあしらった「ガーナの黒い星」と呼ばれる一品で、4万8000ドル(約390万円)相当。

 そのほか目立つところでは、中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席はオバマ大統領一家を描いた額縁入りの絹の刺繍(2万ドル、約164万円相当)を、日本の鳩山由紀夫(Yukio Hatoyama)前首相の夫人、鳩山幸(Miyuki Hatoyama)さんはミシェル夫人へ真珠のネックレス(9700ドル、約80万円相当)を贈っていた。

 米国では政府関係者が外国政府から贈り物を受け取ることは法律で禁じられており、これらの贈り物はすべて国立公文書館(National Archives)で保管される。オバマ大統領ら政府関係者は、申し出を断って贈り主と米政府の関係が気まずくならないよう贈り物を受け取ったと、官報は説明している。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 07:53 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月17日

「有害廃棄物」ブランドの菓子、本当に有害でリコール 米



米食品医薬品局(FDA)は13日付で、「有害廃棄物 核スラッジ」という商品名のパキスタン製菓子が本当に有害だったとして、輸入した企業がリコールしたと発表した。

 米カリフォルニア(California)州の公衆衛生当局が最近行った検査で、「Toxic Waste」(有害廃棄物)シリーズの「Nuclear Sludge」 (核スラッジ)チュー・バー(柔らかいキャンディー)チェリー味のサンプルから米国の基準0.1ppmを超える0.24ppmの鉛が検出されたという。 FDAは子ども、幼児、妊婦に健康上の問題を与える恐れがあるとしている。

「Nuclear Sludge」が発売された2007年から今年1月までに製造されたすべての味(チェリー味、酸っぱいリンゴ味、ブルーラズベリー味)の全ロットがリコールの対象だが、「Toxic Waste」シリーズの他の商品はこのリコールの対象ではない。輸入した企業によると、いまのところ健康被害の報告はないという。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 01:44 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月11日

寒すぎる!冬のNYで「ノーパンツ」イベント


厳冬の米ニューヨーク(New York)で9日、毎年恒例のイベント「No Pants Subway Ride(パンツなしで地下鉄に乗ろう)」が開かれ、多数の市民が参加した。このイベントは、スカートやズボンを身に着けない状態で地下鉄に乗り込むというもので、今年で10回目。公共の場での奇抜なイベントを企画する団体「Improve Everywhere」が2002年に始めた。なぜ、そのような格好をしているのかと尋ねられた場合には、「(スカートやズボンをはいていると)不快に感じるから」と答える決まりになっている。(2011年1月9日撮影)。(c)AFP/Emmanuel Dunand

posted by 栗にゅ〜す! at 17:47 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月05日

ロックの大御所チャック・ベリー、演奏中に倒れる 米国



米ロックンロール界の大御所、チャック・ベリー(Chuck Berry、84)が1日夜、シカゴ(Chicago)のコンサート会場で演奏中にステージで倒れた。関係者によると、原因は過労だという。

 ベリーは満員の観客を前に、1時間ほど演奏を続けたところでキーボードに突っ伏して、ステージから運び出された。15分後にベリーは再びステージに登場。演奏を再開しようとしたが、すぐに医療関係者に連れ戻された。

 ベリーは、待ち続けていたファンにあいさつするため、再びステージに戻り、その数分後に自分の足で歩いて外に待たせていたリムジンに乗り込み、会場を後にした。結局、ベリーは病院には向かわず、セントルイス(St. Louis)の自宅に戻った。

 ベリーは前夜にも、ニューヨーク(New York)で2ステージをこなしていた。

 1950年代に『ジョニー・B・グッド(Johnnie B. Goode)』『スウィート・リトル・シックスティーン(Sweet Little Sixteen)』『ロール・オーバー・ベートーベン(Roll Over Beethoven)』など、数々のヒット曲を飛ばしたベリーの音楽は、ビートルズ(The Beatles)やローリング・ストーンズ(Rolling Stones)、ビーチ・ボーイズ(Beach Boys)にも影響を与えた。ジョン・レノン(John Lennon)はかつて、「もしもロックンロールに別の名前をつけるなら、チャック・ベリーと呼ぶだろう」と述べて、ベリーを讃えている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 06:24 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月04日

米フェースブック、ゴールドマンなどから400億円調達 米紙



米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は3日、米SNSフェースブック(Facebook)が米金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)とロシアの投資大手から計5億ドル(約400億円)の資金を調達したと伝えた。

 タイムズ紙によると、フェースブックの評価額は、インターネット競売のイーベイ(eBay)や米インターネット検索大手ヤフー(Yahoo!)、メディア大手タイム・ワーナー(Time Warner)を抜き、500億ドル(約4兆円)となった。

 米グーグル(Google)と直接競争する場面が増えるなか、新たな資金調達で開発や買収、ヘッドハンティングなどに使える手持ち資金が増えたことになる。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 08:44 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。