アメリカンニュースブログ
2011年02月26日

グーグル「レシピ検索」開始、お目当ての料理を簡単サーチ



米インターネット大手グーグル(Google)は24日、検索エンジンの機能に、料理メニューや調理法が簡単にみつかる「レシピ検索」を追加し、米国と日本で提供を開始した。いわば「オンライン版料理ブック」といったところだ。

 検索結果はユーザーレーティング順に絞り込まれる。料理名のほか、好みの食材、「休日」などの食事条件、カロリー、調理時間などからレシピの検索ができる。

「レシピ検索」を考案したグーグルのプロダクト・マネージャー、カビ・ゴエル(Kavi Goel)氏は、「わたしの両親は目分量と直感で素晴らしい料理を作っていた。でも、数学好きなコンピューターエンジニアのわたしとしては、正確な分量や調理法を知りたかった」と語っている。

 グーグルでは、「レシピ検索」にさらに「味付け」を加えて世界的に展開する計画だ。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 16:34 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月16日

コカコーラの製法、暴かれる?



米ラジオ番組『This American Life』が、前週末の放送で、門外不出とされるコカコーラ(Coca Cola)の製法を入手したとし、その内容を明らかにした。

 番組の冒頭、パーソナリティーのアイラ・グラス(Ira Glass)は次のように切り出した。「コカコーラのオリジナルレシピをついに見つけました。地球上で最も厳重に守られてきた企業秘密、それがいま手元にあります。読み上げましょう。本物とおわかりいただけることでしょう。コカコーラが何と言うかはさておきとして」

 コカコーラはかつて、コマーシャルで、製法は同社の最高幹部2人だけに口述で伝えられていると明らかにしたことがある。そのため、製法が永遠に失われることのないよう、2人が同じ飛行機に乗ることは禁じられているのだという。

 ところが、同番組によると、製法を記した手書きのメモは昔々ある薬局で発見されていた。調剤の古い本の中に含まれていたのだが、この本の最初の持ち主は、コカコーラを発明した薬剤師ジョン・ペンバートン(John Pemberton)の知り合いだったと見られる。コカコーラは薬局でソーダ水として販売されていたという歴史がある。

 その後、1979年になって、コカコーラの本社があるアトランタ(Atlanta)の新聞がこのメモの存在を知り、内容が読み取れるほど鮮明なメモの写真を掲載した。

■フルーツ風味の薬みたい

 番組で読み上げられた製法は、コカコーラの保存文書から発見され一部公開された製法と合致している。

 オレンジオイル20滴、レモンオイル30滴、ナツメグオイル10滴、コリアンダーオイル5滴、ネロリオイル10滴、シナモン10滴、アルコール8オンス、ライムジュース2パイント、バニラ1オンス、砂糖30ポンド、などなど。

 ところが、この製法を再現したものは今のコカコーラの味とは似ても似つかない。現代では香り付けの技術が当時より格段に優れていることもある。当時のコカコーラは、フルーツ風味の薬みたい、と表現されていた。

 一方のコカコーラは、秘密は今も守られていると主張している。広報は、「製法の秘密を暴こうとどれだけあがこうと、この世に本物は1つしか存在しない」とのコメントを出した。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 17:30 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月14日

ボーイング、最新ジャンボ「747-8」を初披露、大きめの窓が特徴



米航空機大手ボーイング(Boeing)は13日、最新型ジャンボジェット旅客機「747-8インターコンチネンタル(747-8 Intercontinental)」を米ワシントン(Washington)州エバレット(Everett)の同社工場で初披露した。

従来機のブルーではなく、アジア文化を意識して繁栄と幸運を意味する赤とオレンジを取り入れた斬新な配色が目を引く機体は、全長がこれまでより長くなり、座席・貨物スペースが広がった。同社旅客機としては最大だが、エンジン音は小さく、燃費も向上したという。座席数はボーイングでは最大の467席。ライバルの欧州航空機大手エアバス(Airbus)の超大型旅客機A380の525座席には及ばないが、1座席あたりのコストは6%低く抑えたという。

写真は、初公開された「747-8インターコンチネンタル」(2011年2月13日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Stephen Brashear

747-8
posted by 栗にゅ〜す! at 15:57 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月05日

そろそろ親離れ、パンダのユンツィー 米動物園



米カリフォルニア(California)州サンディエゴ動物園(San Diego Zoo)のジャイアントパンダ、ユンツィー(Yun Zi)が、親離れの時期になる生後18か月をまもなく迎える。

 ユンツィーは現在体重79ポンド(35.83キログラム)。親離れは順調に進んでおり、母親のバイユン(Bai Yun)と午前中を別々に過ごすようになっている。

 特にご飯の時間は、バイユンはユンツィーに笹を横取りされることなく食べられることを喜んでいるようで、ユンツィーも1人で木登りを楽しむ時間があることに満足している様子だ。

 母子はいまも午後を一緒に過ごすことが多い。母子パンダの様子をみて、2頭の施設の間にある門を恒久的に閉じる時期を決めることになる。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 17:41 | TrackBack(0) | かわいいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月01日

「口答えしたから」、米フロリダの母親が息子と娘を射殺



米フロリダ(Florida)州ニュータンパ(New Tampa)で28日、母親が息子(13)と娘(16)を相次いで射殺する事件があった。米各紙が報じたところによると、この母親は、子どもたちが口答えしたことに腹が立ったと話しているという。

 警察発表によると、子どもたちを殺害したのはジュリー・シェネッカー(Julie Schenecker)容疑者(50)。一家と連絡が取れないことを心配したテキサス(Texas)州在住の容疑者の母親から通報を受け、警察官が容疑者宅に急行し、血まみれのシェネッカー容疑者と子どもたちの遺体を見つけた。息子は車の中で、娘は2階の寝室で発見されたという。

 取り調べに対しシェネッカー容疑者は2人を殺害したことを認めた。同容疑者は身柄を郡刑務所に移送された後、第1級殺人の罪で訴追された。

 ABCニュースによると、シェネッカー容疑者は29日まで病院に入院していた。また、以前から子どもたちの口答えが多いと不満を漏らしていたという。夫は米軍兵士という。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 06:54 | TrackBack(0) | かなしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。