アメリカンニュースブログ
2011年03月26日

両極にオーロラがある土星、NASA



米航空宇宙局(NASA)が24日公開した、輪が真横になり、両極にゆらめくオーロラが見える土星の画像。ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が2009年に撮影した。

 ほぼ分点のところを撮影したので、土星の両極が太陽光に照らされた状態での撮影に成功した。両極のオーロラは太陽風と土星の磁場の相互作用で発生したもので、地球の北極光、南極光と原理が似ている。

 南北のオーロラは対称的に見えるが、微妙な違いがあることがわかっている。北の方が南よりやや小さく、密集度も高い。このことは、土星の磁場が均等ではなく、やや不均衡で、北極の方が南極よりもやや強いことを示唆している。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 15:20 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月23日

大きくて明るい「スーパームーン」、18年に一度の奇跡



19日は、月が地球に最接近したときに満月になる、いわゆる「スーパームーン」だった。月の軌道は楕円なため、月と地球の距離は一定ではなく、月が地球に最も近づいた位置(近地点)にあるときと、地球から最も離れた位置(遠地点)にあるときでは、約5万キロの差がある。地球から見た満月は、近地点のときは遠地点より約14%大きく、30%明るく見える。

米ワシントンD.C.(Washington, DC)にある米海軍天文台(US Naval Observatory)によると、19日の月は、近地点から1時間以内に満月となり、18年に1度のほぼ完璧な「スーパームーン」だった。

写真は、ベルギーのナミュール(Namur)に上った満月(2011年3月19日撮影)。(c)AFP/BELGA

posted by 栗にゅ〜す! at 08:56 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月17日

ラッパーのネイト・ドッグ死去、スヌープ・ドッグが追悼



】ラッパーで音楽プロデューサーでもあるヒップホップ界の大物、ネイト・ドッグ(Nate Dogg)さんが15日、死去した。41歳。米芸能情報紙ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)が16日、報じた。死因は明らかになっていない。

 同紙は、友人としての付き合いが長く活動もともにしてきたラッパー、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)がツイッターに投稿した追悼コメントを掲載した。

「ヒップホップ界、そしてR&B界の本当の伝説を失ってしまった。1986年以来、親友の1人で、兄弟同然だった」

「とても悲しくて寂しいが、一緒に育ってこれたことがうれしい。天国でまた会おう」

 ハリウッド・リポーター紙によれば、カリフォルニア(California)州ロングビーチ(Long Beach)生まれのネイト・ドッグさんは、1992年、ドクター・ドレー(Dr. Dre)のアルバム「クロニック(The Chronic)」でデビューした。

 ウォーレン・G(Warren G)とコラボした「Regulate」は大ヒットし、1994年のビルボードチャートで2位に入っている。

 報道によれば、ネイト・ドッグさんは4年前から脳卒中で2度倒れるなど健康を損ねていた。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 11:36 | TrackBack(0) | かなしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月16日

ケネディ宇宙センターでコカイン見つかる、NASA



米航空宇宙局(NASA)は15日、フロリダ(Florida)州ケープカナベラル(Cape Canaveral)のケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center)で、コカインが見つかったと発表した。

 NASAは薬物厳禁の方針を貫いているが、同センターの施設内で7日、4.2グラムの白い粉が見つかったため、捜査当局がこの粉を簡易検査したところコカインの可能性があることがわかり、現在専門の施設で詳しい検査をしている。

 NASAでは14日、スペースシャトルの発射台から作業員が転落して死亡している。この事故とコカイン発見との関連についてNASAは「ノーコメント」と回答した。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 16:55 | TrackBack(0) | かなしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月09日

サンドイッチのサブウェイ、店舗数でマクドナルド抜き世界一に



サンドイッチチェーンを展開する米サブウェイ(Subway)は7日、店舗数が長らくトップの座にあった米ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)を抜いて世界一になったと発表した。

 サブウェイのレス・ウィノグラッド(Les Winograd)広報によると、ことし1月1日時点でサブウェイの世界店舗数は3万3749店で、マクドナルドの3万2737店を超えた。ウィノグラッド氏は、AFPの取材に「1年前はわずかに負けていたので、2010年のどこかの時点で追い越した」と語った。

 サブウェイは成功の理由の1つとして、株式を公開しなかったことを挙げる。同社は1965年に創立されて以来、一度も株式を上場していない。「それがわれわれの選択だった。その方が、公開会社につきまとう財務報告などに力を削がれずに、製品と品質、レストランに注力することができると考えたからだ」(ウィノグラッド氏)

■マクドナルドは冷静な反応

 マクドナルドは1955年に米イリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)郊外で誕生。早い時期からファースフォフード市場の王者として君臨し、資本主義の象徴とみなされ、米株式市場の主要銘柄となった。

 現在ではスペインのマドリード(Madrid)から米ロサンゼルス(Los Angeles)まで世界の至る所に店舗を構え、時価総額はおよそ800億ドル(6兆6000億円)になっている。

 マグドナルドのヘイディ・バーカー(Heidi Barker)広報は「われわれは一貫して顧客の意見を聞き、顧客に奉仕することに力を注いでおり、単なる規模拡大ではなく、向上していくことに取り組んでいる」と語った。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 07:32 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。