アメリカンニュースブログ
2010年01月27日

「同性愛者の影響力は急速に拡大している」、米専門家 同性婚裁判


【1月27日 AFP】米政治における同性愛者の影響力は非常に大きく、現在も拡大している――。米カリフォルニア(California)州サンフランシスコ(San Francisco)の連邦裁判所で行われている、同性間の結婚を違法とみなす州法の違憲性を問う裁判で25日、同性愛問題の専門家である、クレアモント・マッケナ・カレッジ(Claremont McKenna College)のケネス・ミラー(Kenneth Miller)教授が指摘した。

 ミラー教授は、同性愛者は米国で「権力の上昇軌道」に乗っていると表現し、「ゲイやレズビアンは、国家レベルで力を持っていると確信している」と語った。その上で、カリフォルニアでも同じことだと述べた。

 同性愛婚の禁止を求める人びとは、同性愛者の持つ政治的影響力は、同性愛者が政治過程において比例的過小評価されたマイノリティではないことの証明だとの立場を示している。

 前週、この裁判に出廷した行ったスタンフォード大学(Stanford University)のゲーリー・M・セグラ(Gary M. Segura)教授(米国政治)は、同性愛者は政治的にぜい弱だと証言していた。

 ミラー教授は、「米国民は、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシャル(両性愛者)、トランスジェンダーら(総称してLGBT)の政治目的に、支持を表明している。これはさまざまなことで確認できる」と述べた上で、全米30州でヘイトクライム(憎悪犯罪)の法律が制定され、21州では性的指向による差別からの保護措置が取られていると指摘した。(c)AFP

タグ:同性愛
posted by 栗にゅ〜す! at 17:36 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139510195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。