アメリカンニュースブログ
2010年04月26日

爆発の米海上石油掘削基地、原油流出拡大 行方不明者の捜索は終了



【4月25日 AFP】米沿岸警備隊(US Coast Guard)は24日、20日に爆発・炎上した米南部ルイジアナ(Louisiana)州沖のメキシコ湾の石油掘削基地から原油が流出していると発表した。

 これによると、原油流出は掘削施設が水没した22日に始まり、1日の石油流出量は最大で1000バレル(約15万9000リットル)にのぼる恐れもあるという。 現在、海岸から約64キロ沖合の直径32キロの範囲に油が浮かんでいるのが確認されている。これまでの除染作業で油を含む海水約12万8000リットルを回収した。

 原油は海面下1525メートルのパイプから漏れており、今後数日間で漏出を止める方法を検討する。数日で漏出が止まる可能性もあるが、数か月かかる恐れもある。ハリケーンや海岸の浸食ですでにダメージを受けている周辺の生態系への影響が懸念されている。

 なお沿岸警備隊は23日、爆発で行方不明になっている石油掘削基地の作業員11人の捜索を公式に終了した。(c)AFP


タグ:原油流出
posted by 栗にゅ〜す! at 07:52 | TrackBack(0) | かなしいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147790086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。