アメリカンニュースブログ
2010年07月17日

サルとヒトとの進化の分岐、定説より最近か ミシガン大



サルとヒトの分岐点は、定説よりも数百万年ほど新しい2800万〜2400万年前である可能性があるとの論文が、15日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 米ミシガン大(University of Michigan)などの研究チームは前年、サウジアラビア西部で、新種の頭骨化石を発掘した。「Saadanius hijazensis」と名づけられた化石には、サルと類人猿とヒトの最も新しい共通祖先である「狭鼻猿類」の特徴があったという。

 これまでのゲノムベースの分析では、ヒトや類人猿の「ホミノイド(ヒト上科)」が「旧世界ザル(オナガザル上科)」から分岐したのは3500万〜3000万年前とされてきた。しかし今回発見された化石が約2800万年前のものであったため、サルとヒトの共通祖先が「進化の木」のもっと上に位置していた可能性が出てきたという。

 霊長類の進化の過程には、化石が見つかっていない空白の時期もあり、その謎の解明への期待もかかる。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 13:10 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。