アメリカンニュースブログ
2010年12月26日

「パンチ・ミー・パンダ」、街の怒りを引き受けるアーティスト



パフォーマンス・アーティストのネイト・ヒル(Nate Hill)さん(33)は毎週、パンダの着ぐるみを着て街に出る。道行く人に殴られるためだ。

 ある日の午後。人通りの多いユニオンスクエア(Union Square)でヒルさんは「僕を殴れ!もっと強く!きょうも何かに怒ってるんだろ?」と通行人を挑発し、ボクサーのように飛び跳ねる。多くの人はこの光景に目を丸くし、何かの広告だと誤解する人もいる。誰かを殴るなんてとんでもないと言いたそうな人もいるが、ただ単に怒っていないだけかもしれない。

 そのうちにパンダを殴る人が出始めた。ある女性は上品なジャブを放った。ある若い男性はすばやいワン・ツーパンチをお見舞いした。男性数人のグループは仲間内で互いにはやしたてながら、決して反抗しないパンダにパンチやキックを見舞った。パンダを殴り終えて立ち去るときには、どの顔も輝いていた。

 胸の部分には防具とクッションが入っていて、殴られると痛みは感じるものの、けがをすることはない。着ぐるみを脱いだヒルさんは、めがねをかけた物静かな語り口の男性だ。普段は実験に使うミバエの世話をする仕事をしている。

「みんな何かに怒っていて、何かを殴りたいんです。私もそうだから分かります。少しでも楽になってほしいんです」とヒルさん。パンダの姿で大通りを巡回し、レイオフが近い会社を訪問する。これまでに7〜8回、ツイッターで寄せられたリクエストに応える形で、一般の家庭に行ったことさえある。黒いテディ・ベアや、包帯を巻いた透明人間のように全身白づくめの姿で同様のパフォーマンスをしていたこともある。

 パフォーマンスを終えてパンダの頭を脇に置いたヒルさんは、「街にある苦しみを減らしたいんです。自分の中の苦しみに向き合うアーティストはたくさんいますが、ぼくはなるべく自己中心的にならないようにしたいんです」と語った。

 このプロジェクト「パンチ・ミー・パンダ(Punch Me Panda)」はあと5か月続く予定だ。詳しくは下のサイトで知ることができる。(c)AFP/Sebastian Smith

posted by 栗にゅ〜す! at 17:55 | TrackBack(0) | かわいいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176015522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。