アメリカンニュースブログ
2011年01月17日

「有害廃棄物」ブランドの菓子、本当に有害でリコール 米



米食品医薬品局(FDA)は13日付で、「有害廃棄物 核スラッジ」という商品名のパキスタン製菓子が本当に有害だったとして、輸入した企業がリコールしたと発表した。

 米カリフォルニア(California)州の公衆衛生当局が最近行った検査で、「Toxic Waste」(有害廃棄物)シリーズの「Nuclear Sludge」 (核スラッジ)チュー・バー(柔らかいキャンディー)チェリー味のサンプルから米国の基準0.1ppmを超える0.24ppmの鉛が検出されたという。 FDAは子ども、幼児、妊婦に健康上の問題を与える恐れがあるとしている。

「Nuclear Sludge」が発売された2007年から今年1月までに製造されたすべての味(チェリー味、酸っぱいリンゴ味、ブルーラズベリー味)の全ロットがリコールの対象だが、「Toxic Waste」シリーズの他の商品はこのリコールの対象ではない。輸入した企業によると、いまのところ健康被害の報告はないという。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 01:44 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181053613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。