アメリカンニュースブログ
2011年03月23日

大きくて明るい「スーパームーン」、18年に一度の奇跡



19日は、月が地球に最接近したときに満月になる、いわゆる「スーパームーン」だった。月の軌道は楕円なため、月と地球の距離は一定ではなく、月が地球に最も近づいた位置(近地点)にあるときと、地球から最も離れた位置(遠地点)にあるときでは、約5万キロの差がある。地球から見た満月は、近地点のときは遠地点より約14%大きく、30%明るく見える。

米ワシントンD.C.(Washington, DC)にある米海軍天文台(US Naval Observatory)によると、19日の月は、近地点から1時間以内に満月となり、18年に1度のほぼ完璧な「スーパームーン」だった。

写真は、ベルギーのナミュール(Namur)に上った満月(2011年3月19日撮影)。(c)AFP/BELGA

posted by 栗にゅ〜す! at 08:56 | TrackBack(0) | すご〜いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192051458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。