アメリカンニュースブログ
2010年12月12日

フェースブック、「第1回ハッカー杯」を開催



米SNSフェースブック(Facebook)は、世界中の腕利きのハッカーたちにその腕前を披露してもらおうと、「第1回ハッカー杯(Hackers Cup)」を開催する。

 ハッカーたちが1日中ハッキングをする「Hackathon(ハッカソン:ハックとマラソンを合わせた造語)」形式の大会をさらに高め、国際的な競技大会にしたい考えだ。

 1月にオンラインで第1ラウンドを開始。最終ラウンドは3月に米カリフォルニア(California)州パロアルト(Palo Alto)にあるフェースブック本社で開催される。最終ステージに残った上位25人にはフェースブック本社までの旅費が支給される。

 優勝賞金は5000ドル(約42万円)。優勝者がフェースブックの人事部の目にとまることは間違いないだろう。大会詳細はフェースブックのハッカー杯ページに掲載されている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 12:39 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月30日

ペイリン氏、失言報道に逆襲? オバマ大統領の失言を紹介



米保守派の旗手、サラ・ペイリン(Sarah Palin)元アラスカ(Alaska)州知事は、「同盟国の北朝鮮」と失言したことをメディアで非難されたことについて、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領の過去の失言を引き合いに出して、メディアは不公平だとやり返した。

 2012年の共和党米大統領候補ともうわさされるペイリン氏は、テレビ番組で「当然、米国は同盟国であるノースコリア(北朝鮮)を支持すべきだ」と失言したことが報道された。

 これに対し、ペイリン氏は「(メディアは)わたしのただの失言を政治面のトップ記事にしないと気が済まないようね」とフェースブック(Facebook)の本人のページで非難を繰り出した。

 さらに、オバマ大統領のこれまでの失言を収めたユーチューブ(YouTube)の動画へのリンクを掲載し、「米国全57州のみなさまへの感謝祭のメッセージ」と題して紹介した。

 オバマ氏は2008年5月9日、大統領選挙キャンペーン中にオレゴン(Oregon)州に立ち寄った際に、47州と発言すべきところを、「わたしはすでに57州に行った。残すはあと1州だね」と失言していた。また、09年5月26日には、米合衆国憲法が「20世紀以上前に起草された」と失言した。

 ペイリン氏は「これらの失言を聞いた覚えがないのだとしたら、それはメディアが報道価値が無いと思ったからでしょうね」と、メディアの姿勢を非難した。

 ペイリン氏の演説はいつも対立をあおり、時にとりとめのない話になるが、ペイリン氏は自らの人気の理由について保守的な価値観と型破りな政治手法を挙げている。だが、冗長で仰々しいワシントン流の語り口を軽視する姿勢から、一部の政治評論家は、ペイリン氏はホワイトハウスにはふさわしくないと考えている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 11:37 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月27日

オバマ米大統領、唇12針ぬうけが バスケ試合中



バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が26日、バスケットボールの試合中に上唇を12針縫うけがをした。米ホワイトハウス(White House)が発表した。

 ロバート・ギブズ(Robert Gibbs)米大統領報道官は声明で「オバマ大統領は、友人や家族とのバスケットボール試合中に(シュートを放とうとした)対戦チーム選手のひじが唇にぶつかり、12 針を縫った」と述べた。治療の際には局所麻酔を受け、傷あとを目立たなくするために通常よりも細い糸を使ったため、縫合の回数が増えたという。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 13:35 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月03日

今年もコスプレ大集合、LAのアニメエキスポ2010



米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)のロサンゼルス・コンベンション・センターで1〜4日まで、「アニメエキスポ(Anime Expo)2010」が開催された。写真はコスプレ姿でポーズをとる来場者(2010年7月2日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Michael Buckner

posted by 栗にゅ〜す! at 18:40 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月07日

オバマ大統領、米大リーグ始球式で登板



【4月6日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は5日、ワシントンD.C.(Washington D.C.)を本拠地とする米大リーグ(MLB)、ワシントン・ナショナルズ(Washington Nationals)対フィラデルフィア・フィリーズ(Philadelphia Phillies)の開幕戦の始球式で登板した。今年は、1910年4月に当時のウィリアム・ハワード・タフト(William Howard Taft)大統領が初めて現職大統領として大リーグで始球式を行ってから100周年にあたる。

 地元ナショナルズのジャケットを着てピッチャーマウンドに向かったオバマ大統領だが、マウンドに上がってから取り出したキャップは自身がファンであるシカゴ・ホワイトソックス(Chicago White Sox)のものだったため、観客からブーイングを浴びる一幕もあった。

 オバマ大統領の投球は大きな山なりだったが、ナショナルズのライアン・ジマーマン(Ryan Zimmerman)選手がノーバウンドで捕球し役目を果たした。

 始球式の感想を記者らに尋ねられたオバマ大統領は、「ちょっと高くて、それすぎたね」と話していた。少なくともワイルドピッチや、球がプレート手前で落ちたりという「不名誉」は免れたようだ。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 08:07 | TrackBack(0) | おもしろニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。