アメリカンニュースブログ
2011年06月23日

食器洗浄機にカビ、未知の病原性持つ恐れも 研究成果



世界101都市、189世帯の食器洗浄機を調べたところ、高温のお湯や大量の洗剤、塩水、アルカリ性や酸性の水を浴びても死なないカビが生息していたという研究結果が、英国菌学会(British Mycological Society)の学会誌「ファンガル・バイオロジー(Fungal Biology)」最新号に発表された。未知の病原性を持っている恐れもあるという。

 食器洗浄機から採取されたサンプルから確認されたのは、黒色真菌のエクソフィアラ・デルマティティディス(Exophiala dermatitidis)と、同じ属のエクソフィアラ・フェオムリフォルミス(E. phaeomuriformis)。「全身性疾患を引き起こすことがあることで知られ、特に嚢胞性線維症の患者の肺にコロニー形成しやすい」という。

 対象となった食器洗浄機の56%で、ドアのゴム部分にこれらのカビが見つかった。どちらのカビも自然の中ではあまり見かけない好極限性微生物だが、繁殖に好都合な温度と湿気がある食器洗浄機の隙間を新たな住みかとして見つけたらしい。

 今回の研究は、食器洗浄機に生えたこれらのカビが健康を脅かすかどうかについては検討していない。しかし、この「過酷な環境」に耐えていることから、遺伝子的な変異が起こっている可能性について「さらなる研究が不可欠」としている。

 特に「同じ属で遺伝子型が異なるカビが2種類、一緒に存在していたことから遺伝子組み換えが起きる可能性もあり、未知の病原性を持つ新たな遺伝子型になっている恐れもある」という。

 このほか、食器洗浄機から採取したサンプルからは、アスペルギルス(Aspergillus)属、カンジダ(Candida)属、フザリウム(Fusarium)属、ペニシリウム(Penicillium)属などの菌が見つかった。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 07:40 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月17日

太陽活動、17世紀以来の休止期に突入か 米研究


太陽黒点の増減に周期があることは、よく知られているが、太陽活動が近く休止期に入る可能性があると、米ニューメキシコ(New Mexico)州ラスクルーセス(Las Cruces)で開かれた米国天文学会(American Astronomical Society、AAS)の太陽物理学部門の会合で、天文学者らが指摘した。
 
 黒点が著しく減少する太陽活動の休止期は17世紀以来はじめてで、このような時期には、わずかだが地球の気温が低下する可能性がある。

 数年前から天文学者たちは、太陽は2012年前後に激しいフレア活動や黒点増加がみられる活動極大期を迎えると予想してきた。しかし最近、太陽はその予測とは正反対に、異様な静けさを見せている。

 そのしるしとしては、ジェット気流や黒点の消滅、極点付近での活動低下などがある。米国立太陽観測所(National Solar Observatory)のフランク・ヒル(Frank Hill)氏によると、極めて珍しい予測外の現象で、今後、黒点周期は休止期に入るとみられるという。

 太陽活動は、ほぼ11年周期で変動を続けており、22年ごとの磁場極性反転の中間期に、それぞれ活動極大期と極小期が現れる。

 天文学者らは現在、近く訪れるとみられる太陽活動の休止期がモーンダー(Maunder)と呼ばれる70年間続く活動極小期にあたるのかどうかを調べている。モーンダーの期間は黒点がほとんど観測されない。前回のモーンダー期だった1645年から1715年は「小氷期」とも呼ばれている。(c)AFP/Kerry Sheridan

posted by 栗にゅ〜す! at 02:21 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月12日

喫煙者にスリムな人が多い理由、米科学者が特定


ニコチンが脳内で食欲抑制剤として働く作用を突き止めたと、米科学者らが9日、発表した。肥満対策に有効活用される日が来るかもしれない。

 米エール大(Yale University)のチームが行った研究結果が、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。喫煙者は喫煙しない人びとと比べて痩せている傾向があるが、これは、脳の視床下部にある満腹感を知らせるニューロンをニコチンが活性化するためであることがわかったという。

 論文の上席著者であるエール大のマリナ・ピチョット(Marina Picciotto)教授(神経生物学・薬理学)は「体重が増えるからたばこをやめたくない、という人は多い。(この研究は)最終的には、禁煙を始めた人びとの体重維持に活用したいし、たばこを吸わない人で肥満解消に苦しんでいる人びとの助けにもなるかもしれない」と語った。

■満腹感もたらす神経に作用

 ピチョット氏の研究室では、うつ病治療のための治験薬が、ニューロンの表面にあるアセチルコリン受容体のうちのニコチン受容体になんらかの影響を及ぼすかどうかを調べていた。その実験の中で、治験薬を投与されたマウスの方が、投与されていないマウスに比べて少食であることに気づたという。

 この発見を受けて、カナダ・オタワ(Ottawa)のカールトン大学(Carleton University)と米ハワイ大(University of Hawaii)のチームも研究に加わり、治験薬が特定のニコチン受容体を刺激し、そのニコチン受容体がさらに視床下部のプロオピオメラノコルチン(POMC)と呼ばれるニューロン群に指令して満腹感がもたらされることがわかった。

 またこの受容体は、喫煙者のニコチン摂取欲求を誘発する受容体とは独立したものだった。このことから「脳の報酬系を刺激することなく、食欲抑制効果だけを得ることが可能かもしれない」とピチョット氏は語った。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 23:07 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月03日

ソニー、また個人情報流出か ハッカー集団「100万件盗んだ」


「Lulz Security(愉快なセキュリティー)」を名乗るハッカー集団は2日、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(Sony Pictures Entertainment)のネットワークに侵入してパスワード、Eメールアドレス、住所、誕生日など100万件以上の個人情報を盗んだと発表した。

「SonyPictures.com」のサーバーに「最も原始的で一般的なぜい弱ポイント」から侵入したとツイッター(Twitter)上で明らかにしたもので、「単純な攻撃がいとも簡単に行えるような会社になぜそのような信頼を置くのか?」と問いかけている。盗んだデータは1件たりとも暗号化されていなかったと問題点を指摘し、「恥ずべきことで、不用心だ」とたたみかけた。

 ソニーは、今回の新たなハッカー攻撃について、調査中とのコメントを出した。

 SonyPictures.comは、映画の予告編や映画・テレビ番組の情報を提供するサイトで、メール配信サービスも実施している。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 12:28 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年05月30日

NASA衛星画像から古代エジプトのピラミッド17基見つかる


米大学の考古学研究チームが、米航空宇宙局(NASA)の人工衛星が撮影した赤外線画像から、地中に埋もれた古代エジプトの街並みやピラミッド17基を新たに発見した。研究を支援する英国放送協会(BBC)が23日、番組の中で明らかにした。

 BBCによると、地上700キロメートルの軌道を周回する衛星に搭載された最先端の赤外線カメラは、「地球上の直径1メートル未満の物体でもピンポイントで認識できる精度を持つ」。この衛星画像を使い、アラバマ大学バーミングハム校(University of Alabama)のサラ・パーカク(Sarah Parcak)博士率いるチームは今回、ピラミッドのほか、1000か所を超える墓地や住居跡3000軒以上を特定したという。

 古代エジプトの住居が泥レンガでできており、密集して建てられていたことも、新しい軟らかい土に覆われていながら比較的容易に特定できた理由とみられる。

 パーカク博士は、「エジプト全土でこれほど多くの遺跡を特定できるなんて信じられない。ピラミッドの発掘は、全ての考古学者の夢なのだから」と、BBCに喜びを語っている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 09:14 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。