アメリカンニュースブログ
2009年11月25日

グーグル、イラク博物館の収蔵品を電子化 来年から無料で公開



【11月25日 AFP】米グーグル(Google)は24日、イラク・バクダッド(Baghdad)にある国立博物館(National Museum)の収蔵品の電子化と目録作成などを行うプロジェクトを開始すると発表した。

 3日間の日程でイラクを訪れた同社のエリック・シュミット(Eric Schmidt)最高経営責任者(CEO)は訪問最終日の同日、バグダッドで記者会見し、同博物館の収蔵品約1万4000点を電子化して来年初めからオンラインで無料公開すると語った。

 シュミットCEOは「世界におけるグーグルのミッションは、誰もが情報を利用できるようにすることだ」と前置きし、アラブ世界には、手に入りづらく、まだ理解されていない情報が膨大にあると述べた。また、「イラク政府とイラク国民の支援により、この博物館はいつでも世界中に開かれることになる」と語った。

 国立博物館はかつて世界屈指のメソポタミア・コレクションを誇っていたが、2003年4月の米国主導の進攻後に約1万5000体の像など多数の貴重な美術品が略奪された。多数の古美術品が破壊されたり像の頭部がたたき落とされたりしたほか、強盗団が価値のある美術品を選んで密輸した。

 その後、一部の美術品は美術館に戻ってきた。その大半は隣国のヨルダンにあったが、シリアや米国のほか、ペルーやスウェーデンに渡っていたものもあった。

 プロジェクトにかかる費用の金額は明らかにされていないが、費用はグーグルと米国務省が共同で負担する。グーグルはプロジェクトに3人のスタッフをすでに派遣しているという。

 米国主導の進攻後、イラクは停滞した経済や老朽化したインフラの立て直しを図るため、海外からの投資を強く求めてきた。今回のグーグルの動きは、イラクの治安が改善しつつある兆しとみることができる。(c)AFP/Prashant Rao
posted by 栗にゅ〜す! at 10:51 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月21日

ユーチューブに自動字幕機能を導入、グーグル



【11月20日 AFP】グーグル(Google)は19日、同社傘下の動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」の動画に、自動的に字幕をつける機能を追加すると発表した。聴覚障害者への配慮だという。

 当面、自動的に字幕がつくのは英語の動画に限られるが、グーグルがサポートする機械翻訳を使って51の言語に翻訳できるとしている。将来的には、投稿されたすべての動画に自動で字幕がつくようにする計画だ。

 ユーチューブでは2008年から、ユーザーが手作業で字幕をつけられるようになっているが、あまり利用されず、今も大半の動画は字幕のない状態だ。

 同社のチーフ・インターネット・エバンジェリスト(Chief Internet Evangelist)で、自身も13歳で聴覚を失ったという「インターネットの父」ことヴィント・サーフ(Vint Cerf)バイスプレジデント(66)は、米ワシントンD.C.(Washington D.C.)で開いたイベントで「グーグルは、すべての人が世界の情報にアクセス可能であるべきだと信じている。動画メディアをあらゆる人に利用可能にできるかどうかが、大きな課題だった」と語った。

■技術にはまだ改善の余地も

 字幕の作成には、自動音声認識技術が使われているが、デモンストレーションでは「Sim Card(SIMカード)」が「Salmon(鮭)」と出力される場面もあった。字幕プロジェクトを率いた聴覚に障害があるソフトウェア技術者、ケン・ハレンスティーン(Ken Harrenstien)氏は、技術にまだ改善の余地があることを認めた上で、雑音や発音に強いくせがあると正確な字幕をつけることは難しいが、時間とともに改善されると語った。

 グーグルはほかにも、ユーザーが作成した字幕をユーチューブにアップロードする手間を軽減する新機能も発表した。両機能とも、英語でのサービスは今週中に始まる予定。(c)AFP/Chris Lefkow
posted by 栗にゅ〜す! at 02:40 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月20日

映画館のポップコーンは健康に極めて悪い、米調査報告



【11月20日 AFP】夜の映画館の真の「悪役」は、『エルム街の悪夢(A Nightmare on Elm Street)』のフレディーでも人肉をむさぼるゾンビでもなく、巨大な容器に驚愕の高カロリーを秘めた入ったポップコーンやドリンク類だった――最近、米国の大手映画チェーンで行われた調査の結果、このような「戦慄の事実」が明らかになった。そのカロリーの高さに、スナック菓子の方がまだ健康的に思えるはずだと、同調査結果は指摘している。

 この調査は、非営利団体「公益科学センター(Center for Science in the Public Interest 、CSPI)」が実施したもの。CSPIによると、ポップコーンとドリンク類の組み合わせは、マクドナルドのクォーターパウンダー3個にバターパット12個を加えたものに匹敵する場合もあるという。

 調査の結果、米最大手映画館チェーン、リーガル(Regal)で販売されている中型サイズのポップコーンとソーダの組み合わせはなんと1610カロリーで、飽和脂肪が60グラム含まれていることが判明した。また、米第2位の映画館チェーン、AMCで販売されている大型サイズのポップコーンは1030 カロリーで飽和脂肪は57グラムだった。これは、豚の背中の肉を使ったスペアリブ「ベイビーバックリブ」約500グラムにアイスクリームをトッピングしたカロリーに相当するという。

 この調査で、両社で販売されているポップコーンやドリンク類のカロリーは、いずれも両社が公表していた数値よりも高かったことも明らかになったとしている。

 CSPIは、高カロリーになったのはココナッツオイルで調理したためとみている。健康に良いキャノーラ油で調理したポップコーンの場合、含まれる飽和脂肪は少なくなるが、カロリーの高さとナトリウムの多さは同程度だという。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 11:19 | TrackBack(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月09日

ゼニヤッタが14連勝でブリーダーズカップ・クラシック制覇



【11月8日 AFP】(記事更新、写真追加)競馬のブリーダーズカップ・ワールド・チャンピオンシップ(Breeders' Cup World Thoroughbred Championships 2009)が7日、カリフォルニア(California)州のサンタアニタパーク(Santa Anita Park)競馬場で開催された。

 デビューから13連勝中だったマイク・スミス(Mike Smith)騎手騎乗のゼニヤッタ(Zenyatta、牝5歳)が、ブリーダーズカップ・クラシック(Breeders' Cup Classic、ダート2000メートル)を制し、通算成績を14戦全勝とした。

 2着にはラモン・ドミンゲス(Ramon Dominguez)騎手騎乗のジオポンティ(Gio Ponti、牡4歳)、3着にはトマス・クイーリー(Thomas Queally)騎手騎乗のトワイスオーバー(Twice Over、牡4歳)が入った。

 ここまで牝馬限定レースで13連勝していたゼニヤッタは、今回が距離2000メートルと牡馬が出走するレースに初挑戦となり、自身の実力が両方に通用することを証明した。

 また、クラシック通算2勝目を挙げたスミス騎手は、ブリーダーズカップでの通算勝利数を13勝に伸ばしている。

 ブリーダーズカップ・マイル(Breeders' Cup Mile、芝1600メートル)では、オリビエ・ペリエ(Olivier Peslier)騎手騎乗のゴルディコヴァ(Goldikova、牝4歳)が、1987-88年のミエスク(Miesque)以来となるマイル連覇を達成している。

 ブリーダーズカップ・ターフ(Breeders' Cup Turf、芝2400メートル)は、ライアン・ムーア(Ryan Moore)騎手騎乗のコンデュイット(Conduit、牡4歳)が連覇した。

 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(Breeders' Cup Juvenile、ダート1700メートル)は、ゴドルフィン(Godolphin Racing Inc.)所有馬でアーメド・アジュテビ(Ahmed Ajtebi)騎手騎乗のヴェイルオブヨーク(Vale of York、牡2歳)が、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ(Breeders' Cup Juvenile Turf、芝1600メートル)は、ランフランコ・デットーリ(Lanfranco Dettori)騎手騎乗のパウンスド(Pounced、牡2歳)が制した。

 ブリーダーズカップ・ダートマイル(Breeders' Cup Dirt Mile、ダート1600メートル)は、ジュリアン・ルパルー(Julien Leparoux)騎手騎乗のファーゼストランド(Furthest Land、せん馬4歳)が優勝し、ルパルー騎手は6日のブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリント(Breeders' Cup Filly & Mare Sprint、ダート1400メートル)、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(Breeders' Cup Juvenile Fillies、ダート1700メートル)に続き、今大会3勝を記録した。

 その他のレースは、ジョー・タラモ(Joe Talamo)騎手騎乗のカリフォルニアフラッグ(California Flag、せん馬5歳)がブリーダーズカップ・ターフスプリント(Breeders' Cup Turf Sprint、芝1300メートル)、ジョエル・ロザリオ(Joel Rosario)騎手騎乗のダンシングインシルクス(Dancing In Silks、せん馬4歳)がブリーダーズカップ・スプリント(Breeders' Cup Sprint、ダート1200メートル)で優勝した。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 10:41 | Comment(1) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月03日

世界貿易センタービルの鋼材を使った米海軍艦船、NYに入港【アメリカンニュース】



【11月3日 AFP】2001年の9.11米同時多発テロで倒壊した世界貿易センタービル(World Trade Center、WTC)のがれきから回収した鋼材を使った米海軍の揚陸艦「ニューヨーク(USS New York)」が2日、ニューヨーク(New York)港に初めて入港した。

 ニューヨークは、WTC跡地「グラウンド・ゼロ(Ground Zero)」の沖を通る際は、犠牲者を悼み21発の空砲を鳴らした。ハドソン川(Hudson River)沿いには数千人が集まり、同艦の姿を見つめながら同時テロの犠牲となった約3000人に思いを馳せた。

 ニューヨークは全長208メートルで、最大800人の海兵隊員と複数のヘリコプターを乗せることができる。艦首部分には、WTCから回収された鋼材7.5トンが使用されており、不死鳥の後ろにそびえるツインタワーと「決して忘れない(Never Forget)」の言葉をあしらった紋章をもつ。就役は今月7日。(c)AFP/Luis Torres de la Llosa
posted by 栗にゅ〜す! at 10:58 | Comment(0) | おどろきニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。