アメリカンニュースブログ
2009年04月05日

ベルルスコーニ氏、長電話でNATO集合写真に間に合わず



【4月4日 AFP】ドイツ・ライン(Rhine)川にかかる橋の上で4日、北大西洋条約機構(North Atlantic Treaty Organisation、NATO)の加盟国首脳たちが記念撮影のために集合した。ところが、イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相は携帯電話で話し続け、記念撮影を逃すというハプニングがあった。

 ライン川のドイツ側に到着したベルルスコーニ首相は、リムジンから耳に携帯電話をあてたまま下りてきて、出迎えようとしたドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が待っている方向とは逆の方向に向けて歩き出した。

 レッドカーペットの上に取り残されたメルケル首相はぎこちない笑みを浮かべ、その後到着したゴードン・ブラウン(Gordon Brown)英首相ら各国首脳を出迎えた。

 7−8分後に全員が集まると、メルケル首相はついにベルルスコーニ首相を待つのをあきらめて、写真撮影のために待機している各国首脳たちのもとへと向かった。メルケル首相は最後に一度振り返ってみたものの、ベルルスコーニ首相は電話を終える様子が無かった。

 ベルルスコーニ首相の長電話は続き、ブラスバンドの楽隊が演奏を始めると、首相は指で耳をふさぎ、そのまま河岸へと下りていった。

 イタリアのANSA通信によると、電話の相手はトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)首相で、次期事務総長の人事について話し合っていたという。(c)AFP
posted by 栗にゅ〜す! at 03:39 | Comment(0) | おバカなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。