アメリカンニュースブログ
2009年12月29日

実話版「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、逃亡続ける少年窃盗犯 米国


【12月27日 AFP】米国とカナダの国境付近で逃走を続け、警察を振り回している18歳の窃盗犯が、「ベアフット・バンデット(はだしの泥棒)」のあだ名を頂戴し、インターネット上など一部で「英雄」となりつつある。

 現代のビリー・ザ・キッド(Billy the Kid)とも呼ばれ「名をあげている」のは、前科歴が12歳までさかのぼるコルトン・ハリス・ムーア(Colton Harris-Moore)容疑者(18)。逃走時にはだしになることでも知られている。

 米ワシントン(Washington)州シアトル(Seattle)の北にあるカマーノ島(Camano Island)出身のハリス・ムーア容疑者は、窃盗の罪で2007年に逮捕され、シアトル近郊の更正施設に入れられた。

 この施設から翌年、脱走。以降、ハリス・ムーア容疑者の伝説が次々と生まれ、現在ではインターネット上でアイドル扱いされるほどの人気だ。

■足取り残しながらも姿は見せずに神出鬼没

 ハリス・ムーア容疑者は脱走直後、母親の家の近所から盗まれたメルセデスベンツ(Mercedes-Benz)を運転していて警察に追われるが、走行中に車から飛び降り林の中へ逃走。後には略奪品を満載し、大破したメルセデスだけが残された。

 盗品のひとつのデジタルカメラには、容疑者が自信ありげにうっすら笑い、自分で撮影した顔写真が残っていた。

 その後カマーノ島で窃盗事件が続くなか、ハリス・ムーア容疑者は警察の目から完全に身を隠していたが、近所の住民たちは容疑者の仕業だと確信していた。疑いのかかっている事件は数か月のうちに3つの郡で50件を超えた。

 今年9月、ワシントン州とカナダのバンクーバー島(Vancouver Island)との間に浮かぶサンフアン諸島(San Juan Islands)で監視ビデオに、盗難を試みるハリス・ムーア容疑者の姿が記録された。これとは別に、同日発生した、ATMから2500ドルが盗まれた事件では、けがを負った犯人が現場に残した血痕はDNA検査でムーア容疑者のものと一致した。

 それでも警察の追跡を手玉に取り、神出鬼没の容疑者に当局は戸惑いを隠せない。

 最初の事件でハリス・ムーア容疑者を取り逃した警官は、林の中で容疑者を確実にとらえていたが、突然「わたしの前から文字通り、蒸発した」という。その瞬間、林の中に高らかに少年の笑い声が響いていたという。

■さらに飛行機泥棒もか

「はだしの泥棒」伝説は10月になって、さらに新たな展開を迎えた。シアトル東郊カスケード山脈(Cascade Mountains)で1機の自家用飛行機が墜落した。これはアイダホ(Idaho)州で盗まれた機体で、その周辺では多くの盗難事件が発生していた。

 墜落機のパイロットは見つからなかった。しかし数日後、近くの住宅から侵入者の通報があった。警察が駆けつけると、強盗と思われるその人物は林のなかに逃げ込み、発砲してきた。突き止めることはできなかったが、盗まれた自家用機が駐機されていた格納庫まで、はだしの足跡が続いていた。

 2008年末にサンフアン諸島で起きた別の飛行機盗難事件など、ハリス・ムーア容疑者の犯行と思われる事件はさらにあった。

 容疑者の母親、パム・ケーラー(Pam Koehler)さんは、実の息子が飛行機を操縦できるようになっていてもなんの不思議もないと言う。「息子は非常に頭がいい。何年か前に受けたIQテストではアインシュタインよりも3ポイント低いだけだった。その飛行機泥棒が息子だったら、誇らしいぐらいよ」

 10月以降、この「泥棒の神童」の足取りを示す報はないが、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が少年詐欺師を演じた映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(Catch Me If You Can)』の実話版だとして、ハリウッド(Hollywood)にはムーア容疑者の映画を製作したいという映画プロデューサーまで登場した。

 ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)「フェースブック(Facebook)」上のファンクラブができるなど、ハリス・ムーア容疑者はカルト的な人気を集めている。シアトルでは容疑者の顔写真にカントリーソング、「ママ・トライド(Momma Tried、ママは頑張ったけど)」のタイトルを刷り込んだメッセージTシャツまで売る男性も現れた。

 しかし、米誌タイム(Time)が「今年最も重要な10代の指名手配犯」にも選んだこの少年、当局にはすこぶる嫌われている。

 容疑者が11歳のときから振り回されてきた地元警察の郡保安官は、「やつはもう立派な大人の重罪犯だ!庶民の英雄になどさせるものか」と厳しく語った。(c)AFP/Morris Malakoff

posted by 栗にゅ〜す! at 07:30 | TrackBack(0) | お怒りなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月15日

報道陣お断り、ペイリン前アラスカ州知事の海外初スピーチ



米アラスカ(Alaska)州フェアバンクス(Fairbanks)で行われた州行事のピクニック会場で、辞任演説するサラ・ペイリン(Sarah Palin)アラスカ州知事(当時、2009年7月26日撮影)。
(c)AFP/Getty Images/Eric Engman

【9月14日 AFP】2008年米大統領選で共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリン(Sarah Palin)前アラスカ州知事が今月、北米以外で初めて行う演説で、メディア取材が閉め出されることになりそうだ。主催者が14日発表した。

 ペイリン氏が演説を予定しているのは、仏クレディ・アグリコル・グループの投資銀行CLSAが23日に香港で主催する「CLSA投資フォーラム(CLSA Investors' Forum)」。

 米大統領選では外交問題での経験のなさと度重なる失言をやゆされたペイリン氏が今回、世界から集まる企業の最高経営責任者や重役、ファンド・マネージャー、金融界の大物ら数百人を前に基調演説を行う。

 このフォーラムは例年、メディア取材が可能だが、CLSAの広報担当者によると、富豪や資産家が集う予定のペイリン氏の講演は非公開で行う。CLSAでは、過去にも基調演説が非公開だったことはあり、これが初めてではないとしている。ペイリン氏の演説の題目は、まだCLSAにも知らされていないという。

 同フォーラムでは過去に、ビル・クリントン(Bill Clinton)元米大統領、アル・ゴア(Al Gore)元米副大統領、アラン・グリーンスパン(Alan Greenspan)前FRB議長などが演説している。
(c)AFP
posted by 栗にゅ〜す! at 12:09 | Comment(0) | お怒りなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月13日

ダーウィン映画、米で上映見送り=根強い進化論への批判

ダーウィン映画、米で上映見送り=根強い進化論への批判

9月13日14時48分配信 時事通信
 【ロンドン時事】進化論を確立した英博物学者チャールズ・ダーウィンを描いた映画「クリエーション」が、米国での上映を見送られる公算となった。複数の配給会社が、進化論への批判の強さを理由に配給を拒否したため。12日付の英紙フィナンシャル・タイムズが伝えた。
 映画は、ダーウィンが著書「種の起源」を記すに当たり、キリスト教信仰と科学のはざまで苦悩する姿を描く内容。英国を皮切りに世界各国で上映される予定で、今年のトロント映画祭にも出品された。
 しかし、米配給会社は「米国民にとって矛盾が多過ぎる」と配給を拒否した。米国人の多くが「神が人間を創造した」とするキリスト教の教義を固く信じている。ある調査では、米国で進化論を信じるのは39%にすぎず、ダーウィンにも「人種差別主義者」との批判があるという。
 今年はダーウィン生誕200年で、「種の起源」出版150年の節目の年。英国では関連イベントが盛り上がっている。 
posted by 栗にゅ〜す! at 20:03 | Comment(0) | お怒りなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月18日

米ドル紙幣の90%からコカイン痕跡、2年前に比べ20%増!


【8月18日 AFP】米ドル紙幣は流通する中で手荒に扱われ、時には汚されることもある。だが、「ダーティー・マネー」という言葉には新たな意味が付け加わりそうだ。16日に開かれた米国化学会(American Chemical Society)の総会で、米ドル紙幣の約90%にコカインの痕跡があったとする報告が発表された。これは2年前に実施された同様の調査から20%も増加していることになるという。

 紙幣は、密売人による取引や巻いてコカイン吸引に使われることで、コカインが付着することがあるということはよく知られている。だが、調査によると、紙幣が紙幣計数機に入れられた際に大規模なコカインの付着が起こるのだという。

 米国、カナダ、ブラジル、中国、日本などの主要30都市で収集された紙幣を対象に行った調査の結果、紙幣に付着しているコカインのレベルは、米国が最も高かったという。ガスクロマトグラフ質量分析計と呼ばれる装置を改良して調査を行った研究者たちは、多くの地域でコカインのレベルは「憂慮すべき」レベルだったと指摘した。

 米国に次いでコカインが付着した紙幣が多かったのは、隣国のカナダだった。調査した27枚のうち85%に痕跡があり、1枚あたりの付着量も2.4マイクログラムから、発見された中で最高量となる2530マイクログラム以上検出されたものまであった。3位はブラジルで80%、中国と日本は最低レベルでそれぞれ20%と12%だった。

 研究者らは、この調査によってコカイン使用に対する人びとの関心を高めるとともに、取締機関などに社会の中でどれだけコカインがまん延しているかを認識してもらい、コカイン乱用防止に役立ててもらいたいとしている。(c)AFP
posted by 栗にゅ〜す! at 11:38 | Comment(0) | お怒りなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月09日

米政府、サイバー攻撃被害を確認 攻撃元は不明



【7月9日 AFP】米韓の政府機関のウェブサイトを狙ったサイバー攻撃が相次いでいる問題で、インターネット・セキュリティー研究・教育機関SANS Internet Storm Centerは8日、ホワイトハウス、米国務省、国防総省などのサイトが攻撃を受けたことを明らかにした。

 米国土安全保障省(US Department of Homeland Security)は、米政府機関や民間企業のウェブサイトが分散サービス妨害(Distributed Denial of Service、DDoS)と呼ばれるサイバー攻撃を受けたことを認めたが、被害サイトの特定は避けた。

 また、国務省のイアン・ケリー(Ian Kelly)報道官は、調査を進めているが、攻撃元は確認できていないと述べた。

 DDoS攻撃とは、多量の有害トラフィックでウェブサイトに過剰な負荷をかけ、一般のユーザーが利用できなくなるようにする攻撃。

 SANSによると、被害にあったのは、米連邦取引委員会(Federal Trade Commission、FTC)、ホワイトハウス、米国土安全保障省、運輸省(Department of Transportation)、米連邦航空局(Federal Aviation Administration、FAA)、国家安全保障局(National Security Agency、NSA)、国務省、米郵政公社(US Postal Service、USPS)、財務相(Treasury Department)、米政府系放送のボイズ・オブ・アメリカ(Voice of America、VOA)、国防総省の各機関。

 また民間では、ニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange、NYSE)、ナスダック(Nasdaq)、インターネット検索大手ヤフー(Yahoo)、米インターネット小売り大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)、ワシントン・ポスト(Washington Post)紙の各サイトにも攻撃があったという。(c)AFP/Chris Lefkow
posted by 栗にゅ〜す! at 16:59 | Comment(0) | お怒りなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。