アメリカンニュースブログ
2011年01月31日

クリントン米国務長官がハイチ入り、大統領選混乱の収集めざす


ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)米国務長官は30日、ハイチの首都ポルトープランス(Port-au-Prince)に到着した。昨年行われた大統領選挙の第1回投票の結果をめぐる混乱の収集をはかるため、ルネ・プレバル(Rene Preval)大統領や主要候補3人と協議する。

 プレバル大統領が後継指名したジュード・セレスタン(Jude Celestin)候補は、昨年11月に行われた大統領選の第1回投票で不正の疑いがもたれており、米国は同候補に選挙戦から退くよう圧力をかけてきた。

 クリントン長官は、記者団に対し、米政府は国際選挙監視団によるセレスタン候補の選挙戦撤退勧告を支持すると語った。その一方で、クリントン長官は、「ハイチにはプレバル大統領のほかにも法的正当性に疑問のある人物が多数いる」と述べ、その他の解決策への道も開かれていると含みをもたせた。

 昨年11月の第1回投票では、元大統領夫人のミルランド・マニガ(Mirlande Manigat)候補がトップとなり、セレスタン候補が人気歌手のミシェル・マーテリー(Michel Martelly)候補を僅差で上回り、決選投票に進んだ。だが、この結果をめぐっては敗れた候補の支持者らが抗議デモを行うなど、一時、混乱が続いていた。

 ハイチの選挙管理委員会は、第1回投票の最終結果を2月2日に公表すると発表した。決選投票は3月20日に実施し、結果は4月16日に公表するという。(c)AFP/Lachlan Carmichael

posted by 栗にゅ〜す! at 11:48 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月26日

米グーグル、グルーポン風サイトの立ち上げを計画



米グーグル(Google)は24日、共同購入サイト「グルーポン(Groupon)」に対抗する独自のオンライン割引サイトを立ち上げる予定だと明らかにした。

 グーグル広報はAFPの取材に、テスト事業に協力してくれる協力してくれる中小企業を募っていると答えた。一方、新サービス名が「オファーズ(Offers)」になるとの報道や、グルーポンと同様に地元企業などの割引情報を毎日メールで送るサービスになるとの報道については、コメントを拒否した。

 米シカゴ(Chicago)に本社を置くグルーポンは、登録者が幅広い商品やサービスの割引クーポンをネットで得ることができるサービス。登録会員数が2010年初めの200万人から5000万人に急増したと今月に入って発表した。前月にはグーグルが50億ドル(約4100億円)でグルーポンの買収を提案したと報じられたが、グルーポンは買収を拒否した。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 07:47 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月22日

米グーグル、新CEOに創業者ペイジ氏



米インターネット大手グーグル(Google)は20日、エリック・シュミット(Eric Schmidt)最高経営責任者(CEO、55)が4月4日付で辞任し、後任に共同創業者のラリー・ペイジ(Larry Page)氏(37)が就任すると発表した。

 シュミット、ペイジ両氏とともに同社の「3頭政治」を担ってきたもう1人の共同創業者、セルゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏(37)は戦略プロジェクトと新製品の責任者となる。

 シュミット氏は会長として、交渉やパートナーシップ提携、顧客対応や政府対応に専念するほか、ペイジ氏とブリン氏の相談役を務めるという。

 ペイジ氏はグーグル設立当初の1998年〜2001年にCEOを務めていたが、2001年にソフトウエア大手ノベル(Novell)元CEOだったシュミット氏を招き、CEOに迎えた。

 経営陣交代についてシュミット氏は、米マイクロブログ・ツイッター(Twitter)で「大人が毎日監視する必要はもうなくなった!」とコメントしている。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 06:34 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月20日

米、各国からオバマ大統領らへの贈り物を公表 鳩山前首相夫人からも



各国の元首などから米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領や政権関係者への贈り物の概要が、18日の米連邦官報(Federal Register)で明らかになった。

 これによるとオバマ大統領の任期1年目の2009年、サウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ(Abdullah bin Abdul-Aziz)国王は、大統領本人のほか家族や側近たちに総額30万ドル(約2470万円)近くの贈り物をした。

■サウジ国王からは30万ドル相当

 アブドラ国王からの贈り物は金額にして、オバマ大統領本人に3万4500ドル(約280万円)、ミシェル・オバマ(Michelle Obama)夫人に14万6200ドル(約1200万円)、夫妻の2人の娘、マリア(Malia)さんとサーシャ(Sasha)が合わせて7275ドル(約60万円)となっている。

 またサウジアラビアからホワイトハウス職員には、金額にして計10万8245ドル(約890万円)相当の贈り物があり、そのうち大統領付の上級通訳官に2万3400ドル(約190万円)、サウジの首都リヤド(Riyadh)駐在の米代理公使に1万2000ドル(約98万円)だった。

 アブドラ国王からオバマ大統領への贈り物は「広大な砂漠を表した緑色の縞大理石にゴールド製のヤシの木とラクダの像をあしらった」置物や、高級時計メーカー、ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)の置き時計などだった。

 ミシェル夫人には13万2000ドル(約1080万円)相当のルビーとダイヤモンドのジュエリーセットや1万4200ドル(約117万円)相当の真珠のネックレスなどが、2人の娘には本やDVD、さらに計数千ドル(数十万円)相当のアクセサリーがアブドラ国王から贈られていた。

■鳩山前首相夫人からも

 アブドラ国王の贈り物に次いで高価だったのは、ガーナの大統領夫人がミシェル夫人へ贈った高級腕時計ブランド、バックス&ストラウス(Backes and Strauss)のゴールドとダイヤモンドをあしらった「ガーナの黒い星」と呼ばれる一品で、4万8000ドル(約390万円)相当。

 そのほか目立つところでは、中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席はオバマ大統領一家を描いた額縁入りの絹の刺繍(2万ドル、約164万円相当)を、日本の鳩山由紀夫(Yukio Hatoyama)前首相の夫人、鳩山幸(Miyuki Hatoyama)さんはミシェル夫人へ真珠のネックレス(9700ドル、約80万円相当)を贈っていた。

 米国では政府関係者が外国政府から贈り物を受け取ることは法律で禁じられており、これらの贈り物はすべて国立公文書館(National Archives)で保管される。オバマ大統領ら政府関係者は、申し出を断って贈り主と米政府の関係が気まずくならないよう贈り物を受け取ったと、官報は説明している。(c)AFP

posted by 栗にゅ〜す! at 07:53 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月29日

米北東部に猛吹雪もたらした大寒波、カナダに向かう



クリスマス明けの26日に米北東部に猛吹雪をもたらし、空陸の交通を大混乱に陥れた大寒波は、27日午後までに同地域を去り、一部では青空が広がっている。大寒波はカナダに向かっており、今後はカナダで大荒れの天候が予想される。

写真は、ニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square)をスキーで通行する男性(2010年12月27日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA

posted by 栗にゅ〜す! at 06:28 | TrackBack(0) | がんばれなニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ルート66,コカ・コーラ雑貨

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。